aicocco's PhotoLog

わたしなりの雨の日の贅沢な過ごし方

by aicocco/かんろ

お気に入りの傘がある
雨の日は、いつもお気に入りの傘を持って出かける
でも、カメラを持つ時に手にとるのはありふれた透明のビニール傘

透明の傘は視界を遮らなくて、雨のしずくの美しさを目の前で見せてくれる
傘にそって落ちていく様や、ぽたぽたと落ちていく雫
雫に反射してキラキラと輝く街の光

聞こえるのは雨の降る音と、ビニール傘に当たる音だけ
ずっと、その様子をみてぼーっとするのも贅沢な時間だとおもう

今日は夕方から雨が降り始め、いまは大雨だ
雨の音を聞いていると、部屋でじっとしているのがもったいなく感じられて、カメラを手に外へ出かけた
傘をさして、カメラを構えて、お気に入りの写真が撮れるまでシャッターを切る
傍目には変な人に見えると思うけれど、私にとっては最高に楽しい時間なのだ

rain drop

撮影に夢中になっているうちに背中側が服がびしょ濡れになってしまったので、そろそろ部屋にもどろう
雨の日の湿度は憂鬱になってしまうけれど、カメラを持っている時は楽しい時間に変わる
過ごし方で感じ方は変わるもの、そう、感じ方は自分次第なんだ

なんだか話がズレてきたので、今日はこのへんで

このエントリーをはてなブックマークに追加