LOG IN

フィルム写真は失敗さえも愛しくなる

by aicocco/かんろ

この記事はフィルムカメラ Advent Calendar 2017、6日目のエントリーです。
先月shizoooさんが素敵なAdvent Calendar立てられてるのを見て、参加したい!と、ほぼ勢いで空いてた6日目をポチッとしました。
いろんな方のフィルムカメラの記事が見れるなんて、すごいうれしい!

フィルムカメラをはじめたキッカケ

私がフィルムカメラをはじめたキッカケは、学生時代の友人がすすめてくれたから。
街中のおじいさんが趣味でやっているカメラ屋さんに一緒に足を運んで、たくさんの中古のフィルムカメラの中からPENTAX-SPFを見つけました。
はじめての自分のカメラ、とても愛着が湧いたのを覚えています。
そこからお散歩や遠出の度に撮るようになって、すっかり写真好きに。
私の撮る写真はその友人の影響を色濃く受けていて、彼女の撮る写真のように撮れたらなぁ、とか、彼女だったらどう撮るだろう?って考えながら撮っていたりします。

フィルム写真に惹かれる理由

フィルム写真の何が良いの?というと、それは『切り取った景色をいつまでも鮮明に思い出せる』からじゃないかなぁと感じています。
デジタル写真ももちろん撮るのだけど、どこで撮ったか覚えてないことも多くあります。
でもフィルムの現像した写真たちは、見るといつ、どこで撮ったのか結構覚えているのです。それは失敗した写真であってもそう。

フィルムが残ってるのに裏蓋開けて感光させてしまった写真
フィルムが残ってるのに裏蓋開けて感光させてしまった写真

きっと、デジタルと違って枚数制限があるから、一回一回シャッターを切る時に、心にもその景色や空気感を刻んでいるのだと思います。だから、きっとたまにフィルムで撮りたいなぁってなるのかも。
あと、フィルムのどこか懐かしい、優しい空気もすき。ホッとするんです。

使っているフィルムカメラとフィルム

使っているフィルムカメラは2つ。
PENTAX-SPF / Super-Takumar 55mm 1:1.8
OLYMPUS OM-2 / G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4

PENTAX-SPF / Super-Takumar 55mm 1:1.8
PENTAX-SPF / Super-Takumar 55mm 1:1.8
OLYMPUS OM-2 / G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
OLYMPUS OM-2 / G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4

どちらも柔らかい写りで、解放にした時のボケもきれい。
実はPENTAX-SPFのレンズはCanon EOS Kiss X5に付けちゃってるので、最近フィルムカメラで撮る時はもっぱらOLYMPUS OM-2を使っています。

FUJIFILM NATURA 1600

フィルムで一番よく使っているのはFUJIFILM NATURA 1600。
ハイキーな写真が好きなのですが、わりと明るめに撮ってもしっかり色も残して綺麗に撮れます。

FUJIFILM PRO400H

フィルムカメラをはじめたばかりの頃はSolarisというフィルムが大好きで、いつもそれを使ってたのですが、残念ながら時の流れなのか生産中止に。
Solarisは少し青みがかってクリアな感じに撮れるのが好きでした。そのSolarisの代替として使っていたフィルムがFUJIFILM PRO400H。
このフィルムもSolaris同様やや青みがかった懐かしい雰囲気のある写真に仕上がります。
少し値段が高いけれど、青みがかって澄んだ空気感の写真を撮りたい時に使っています。

最近のフィルム写真

ここ3ヶ月くらいはフィルム写真を撮れてない気がしますが、カフェとか室内ならフィルムカメラ持っても手が冷たくて痺れたりしないので撮るかも。
フィルムは撮って、現像に出して受け取るまでちゃんと撮れたか分からないのが良いですよね。写真を受け取って、近くのカフェで一喜一憂しながら一枚いち枚、見ていくあの楽しみ。
撮っているときと、撮り終わったとき、2回も楽しめるなんて素敵ですよね。

雨の日の神戸 / 写ルンです
雨の日の神戸 / 写ルンです

PENTAX-SPFとかはボディとレンズで大体30,000円前後で買えたりするので、フィルムカメラはじめてみようかな〜という人にはおすすめな機種!
もし、迷っている方がいたらぜひ!写ルンですからでも楽しいので、フィルム写真の世界へおいでくださいませ♪

なんだか、とりとめのないエントリーになっちゃいましたが、フィルム写真への愛はたっぷり込めました!
明日はkogetsuさんのエントリーです。たのしみ!



aicocco/かんろ
OTHER SNAPS