LOG IN

フィルムカメラと友人と

by aicocco/かんろ

趣味はなんですか?

日常会話の中で、たまに出てくるこの質問。

大抵は、写真が趣味です、と言っている。

確かに写真が好きだ。

よくカメラを持ち歩いているし、スマホでも撮っている。

そういえば、写真が好きになったのは、いつの頃からだったろう。

はじめて買った自分のカメラはPENTAX Optio I-10というコンデジ。

かわいい見た目に惹かれて選んだカメラ。

この時は全く写真についての知識はなくて、カメラの設定もほとんど触ることがなかった。

でも、かわいいし、気軽に撮れるので、とても気に入っていた。

このカメラを使っている時に「なんで背景がふわふわした写真撮れないんだろう?」という、写真についてのはじめての疑問が浮かんだ。でも、そんなに重要なことではなかったから調べることもなく、忘れていた。

この時に撮っていたのは、記録写真のような感じのものばかり。たまに花や空やなにか気になったものを撮ってはいたけど、趣味といえるほどではなく、ただカメラを持っているから撮っていただけ。

学生時代はカメラを持っている友人が多くて、写真を撮るのも普通のことのような感覚だった。

学校では美術専攻というコースで、描くための写真を撮ることも多々あった。

そんな状態から、写真が楽しい!と感じ方が変わったのは、とある友人と知り合ったことがきっかけだった。

それまでの写真はどこかへ行った記念だったり、行った場所への記録としての写真だったり、味気ないものが多かったように思う。

その学生時代に、とても素敵な写真を撮る友人がいた。

被写体も、色合いも、すごく好みで「こんな写真が撮れたら素敵だなぁ」と写真を見る度に感じていた。

卒業してからもたまにやりとりをしていて、話の流れは覚えていないけど、ある時、フィルムカメラ選びに付き合ってもらうことになった。

広島駅の近くには、昔からあるカメラ屋さんがいくつかあって、その中のあるお店に友人と赴いた。

おじいさんが趣味でやっているようなお店で、特になにか説明してくれるわけでもなく、お店の奥に座ったまま。

若干の居心地の悪さを感じつつも、棚に置いてある沢山のフィルムカメラを眺めていた。

カメラメーカーもほとんど知らない状態だったので、もちらろんフィルムカメラはもっと分からない。

でも、友人がいくつか選んでくれて、その中かから惹かれるものを選んだ。

本当に友人に付き合ってもらって良かった。

ひとりでは、あのお店のドアはずっと開けないままだったに違いない。

沢山のフィルムカメラの中から選んだのは、ASAHI PENTAX SPF。

傷もほとんどなく、曇りもなく、きれいな状態。露出計が壊れている以外はちゃんと動いた。

余談だけど、同じカメラだけどボディに少し傷があるものを選んでいた。

友人がたまたま店の奥に同じ種類で傷の少ないカメラがあるのに気付いて、お会計の前に取り替えることができた。

お店のおじいさんは「気付いちゃったか〜」と言って、そのままきれいな方を渡してくれた。本当に友人に付き合ってもらって良かった(笑)

フィルムカメラを買った帰りにカフェに寄って、使い方を少し教えてもらう。絞りとかF値とか、今まで知らなかった単語たちがたくさん。

「覚えれるかな」、と不安になったのも確かだけど、シャッターを切る音の心地良さに、不安はどこかへ飛んでいってしまっていたように思う。

そのくらい、フィルムカメラのシャッター音は気持ちよかった。

フィルムカメラを買ってから、友人が広島にいた時は尾道へ散歩しに行くようになった。

操作や撮り方を教えてもらって、試行錯誤して撮るのがすごく楽しい。

それと、撮り終わって現像に出して受け取る瞬間の、あのドキドキ。

現像するまでちゃんと撮れてるか分からない、あの感じが良いよね。

あと、フィルムカメラで撮りだして、一番衝撃を受けたこと。

それは、「なにこれめっちゃボケる!」

コンデジの時は全然ボケないなぁって思っていたのに、フィルムのボケかたはすごい。

デジタル一眼だと飛んでしまう色もちゃんと出るし、階調の広さもすごい。

のちのち、こういうのをダイナミックレンジが広い、と表現するということを知ったのだけど、未だに「ダイナミックレンジが広い」と言葉にする機会に出会ってない。

まぁ、そんなくだらないことは置いといて、このフィルム独特の柔らかい写りにすごく惹かれた。

これが写真を好きになったきっかけ。

デジタル一眼を買った今も、フィルムカメラで撮りに行く時もあるし、デジタル一眼にはPENTAX SPFのレンズを付けてる。

オールドレンズで撮ると、人によっては眠く思える写りになっちゃうけど、ふわっと柔らかい雰囲気が出しやすいから、もっぱら使うレンズはこればっかり。

先日、好きでよく使ってたフィルムが生産終了になったというニュースを見た。

フジフィルムのNATURA 1600というシリーズ。これは使ってる人たくさんいると思ってたから、まさか生産終了になるなんて思ってもなかった。

近くのカメラ屋さんを周ってみたけど、どこも売り切れ。メインにしていたフィルムなので少し悲しい。

やっぱりニーズは確実に減っているだろうし、カメラ屋さんもどんどん潰れてしまってる。今はスマホで気軽に撮れるし、現像まですることがすごく減ったとは思う。

でも、やっぱり現像してプリントした写真を見返す、あの時間も好きなので。

これからもフィルムカメラで、素敵だと思った空気を写し撮っていけたらな、って思う。

OTHER SNAPS