LOG IN

ジラフへ転職しました!

by aicocco/かんろ

転職、しました!

こんばんは、かんろ(aicocco)です。

広島から東京に転職で引っ越して1ヶ月ちょっと経ちました。

広島の会社で10月12日まで働いていて、東京の会社へ10月22日から転職し、約1ヶ月経ったので転職エントリーを書いてみました。

いわゆる転職エントリーです。退職エントリーは、転職と期間も近いので一緒にしました。

あまり周りには言ってなくて、突然転職、みたいな感じだったと思うんですが、『たのしそう!やりたいことができそう、チャレンジできそう!』って感じたので、勢いで転職しました!

転職してみての感想

一人暮らしで、慣れてない土地で転職するというのがはじめてで色々不安もあったんですが、なんとか1ヶ月が経ちました!よかった〜!!

転職してみての率直な感想は『転職してよかった!』です。

転職先の会社は、Twitterで質問箱などC向けサービスを5つ展開している株式会社ジラフです。

コーポレートサイト

Wantedly

相談しやすい環境

一番良いなって思ったのは、すぐ相談できる環境だということ。

社内にデザイナーは、まだわたし一人なのですが、UIとかバナー作られてるエンジニアの方がいて、迷ったらすぐ相談できるし、アドバイスももらえるので、一人で悶々と悩んで時間を消費していくことがなく、まだ会社の雰囲気を掴みきれてないのもあり、本当にありがたいです。

デザインもディレクター、PM、マーケティング、エンジニアの人に直接聞きに行ったり相談できるので、返事待ちっていう時間がすごく少ないなと感じました。

それぞれの視点で『こうして欲しい』という具体的な指示で、『なんとなく、カッコいい感じに〜』というのもなく、ABテストの結果どうしたいとか、具体的にここのコンバージョンあげたいとか、はっきりしていて分かりやすいので、デザインも集中しやすいし、逆に提案もしやすいです。

あと、フロア全体が和気あいあいとしてるので、話しかけやすいのもあるかも。

デザイナー、まだ探してると聞いたので、一緒に働きたい!って思う人がいたら、声かけさせてもらうかもしれません。デザインシステムとか、そういうのをこれから作っていこう、という段階なので、とても楽しいと思います!

ちょっと前後するけど、前職のこととか、転職した経緯も少し書きます。

前職での仕事

前職はシステム系の会社で、コンピュータシステムの設計、構築、運用支援(SI)、コンピュータソフトウェアの開発、販売ネットワーク構築、運用支援とか色々。

某TV局のインフラ保守とかアプリ制作とかが主な仕事で、その会社の中でWebアプリのUIデザインをしたり、外注でWebサイトのリニューアルをヒアリング〜納品まで一通りしたり、パンフレットなど紙の仕事や、サイト用の写真撮影をすることもありました。

WebデザイナーだけどWebに限らず幅広く色々できるフルフレックスな自由な社風で、朝弱い自分にはとてもありがたかったです。

転職のキッカケ

なんとなく、2018年の春くらいから転職しようかなぁ〜と考えてました。

その理由は主に3つ。

1.前職に誘ってくれた人がいなくなった

前職で誘ってくれた赤木さんという人は、周りの人も(良い意味で技術的に)変t...すごいと言ってる人が多くて、もちろん私もそのうちの一人でした。

その人がいるなら!と思って転職したら、3ヶ月後くらいにいなくなっちゃったんで『えぇー!!』ってなったのをよく覚えています。

一緒に働く人も大切なんだけど、『その人がいるから』だけを転職の基準にすると、その人が去ったときのダメージがハンパないので、それはそれで気をつけないとな...と思った出来事でした。

2.チームで仕事がしたかった

前職は個人プレーみたいな部分が多かったので、誰かと協力して仕事したり、サイトも作って終わりなことが多いので、カイゼンしたり作ったあともどうなるかも関わっていきたかったので、自社プロダクトがメインのジラフはやりたいことと合っているなと感じました。

3.キャリアの不安

今後、会社にいて自分はどうなるかなぁと考えた時に3年後、5年後、特に変わってる想像ができませんでした。年齢的なこともあって今年中には動きたいなと思っていたんですが、予想以上に早くなりました。

前職は今年くらいから、デザイン系の仕事を減らしていこうという方針になっていたので、それが転職しようかなと考え始めた一番初めのキッカケです。

なんやかんやでタイミング

チームで仕事したかったとかキャリアの不安って書いたけど、一番はタイミング。

直接的なキッカケは、転職しようかなぁ〜と思ったタイミングで、ジラフの代表の麻生さん@t_asofからTwitterで『転職考えてませんか?』とDMをいただいたことです。

転職の時系列的には

4月 ふんわり転職考え始める

5月 Twitter転職したいとつぶやく

6月 麻生さんからDMいただく

7月 内定もらう

こんな感じで、DM頂いてから内定まで1ヶ月もかかってなくて、めっちゃ早かったです。

あとはプライベートで別れたり、なんやかんやあり、引っ越せば心機一転かな〜みたいな感じで、色々タイミングが重なったことと、あとは勢いで転職しました。

DMをいただいてから、どんな雰囲気の会社なんだろう?というのを知るために、コーポレートサイトやWantedlyの記事を読みまくりました。面接もオンラインだけで完結してたんですが、麻生さん→執行役員の佐々木さんという方と、現場のUIデザインもできるエンジニアの人とじっくりお話できたので、入社後のギャップはほとんどありませんでした。

Titter転職でやっててよかったと思ったこと

そんなSNSで目立っているわけでもないのに、なぜいきなりDMでお誘いいただけたのか今でも謎な部分があるんですが、やってて良かったと思ったことは2つ。

写真の依頼や、セミナーでのグラフィックレコーディング、登壇依頼など、なにか振られたらとりあえずやってみるようにしてました。

自信がないので、いつも通りだと『いやいや、わたしができることみんなもできますよ...』とか、自信がないし、じっくり考えるとやらない方向に考えがいってしまうので、『楽しそう!』『やってみたい!』って興味を惹かれたものに関しては、とりあえずやる!

投げたらキャッチするのは良いところ、と前川さん@maeponにほめてもらえたので、続けていきたい!

やってみると、やりたいことに少しずつ近づけたり、意外とできたり、難しいけど楽しかったり。

行動力ないタイプだけど、少しずつ行動することで、だんだん自信がたまったり、行動しやすくなりました。しばらくは、楽しそうって思ったら、とりあえずチャレンジ!を続けていきたいです。

ちょっと不安なこと

周りの会話を聞いてると、なんか、めっちゃ優秀な人たち...!みたいなのを、ヒシヒシと感じるのでがんばらなくちゃ!ってちょっと焦りがあります。でも、そういう環境だからこそ成長できることも多いと思うし、がんばりたいです。

でも、社内の雰囲気が柔らかいので、会社には馴染みやすく感じました!

最後に

まだ転職して1ヶ月なので分からない部分もまだまだあるし、仕事もやり方も今までと全然違うので戸惑うこともあるけど、楽しいなって感じる部分が多いです。

色々チャレンジしていくのも楽しいし、モチベーションも上がります。

将来的にどうしたいかも考えながら、自分なりのデザイナー像を考えていこうと思います。

Twitter転職についても別のポストで書きたい。

今回はだいぶ長くなっちゃったので、この辺で!

OTHER SNAPS